こんにちは。初めまして。このサイトを運営しているNと申します。

私は大学卒業後住宅業界に入り、設計・現場・営業全てを経験してきました。その中で皆様にお伝えできるお得な情報や裏話・マル秘情報を発信していきたいと思っています。

現在の住宅業界は「省エネ化」が課題となっています。そのため国は2020年までにすべての住宅に省エネ基準への適合を義務付ける方針を打ち出しています。

その中で国が設定するものの中で省エネ性能レベルがが最も上位に位置づけられるのが「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」です。経産省がその基準を示しています。
基準一次エネルギー消費量から20%以上の1次消費エネルギーを削減、再生可能エネルギーを加えた基準一次エネルギー消費量から100%以上の1次消費エネルギー量を削減したものをZEHとしました。

外皮性能についてもエネルギー消費性能基準より厳しい「強化外皮基準」を設けています。

この「強化外皮基準」という高い設定基準が注目されています。ZEHを達成するためには外皮性能を上げ、その上で太陽光発電システムなどの創エネ設備を導入することが求められます。

外皮性能の向上が求められている背景には温熱環境の改善が省エネ住宅に寄与するばかりか、快適性や居住者の健康にも影響を及ぼすことが最近の研究で明らかになりました。外皮の断熱性能を高めることで暖かく、温度のムラのない住環境を実現し質の高い温熱環境を確保します。

ヒートショックによる高齢者の家庭内事故が顕在化するなか、外皮の性能の向上が健康という視点からも重要になってきています。

これまでの住宅業界にとって、省エネ基準への適合が省エネな住まいづくりの目標だったと思います。しかし、2020年までには全ての住宅・建築物について省エネ基準への適合が義務付けられています。省エネ基準は目標ではなくクリアすることが当たり前になるのです。

住宅業界にはワンランク上の新たな省エネ住宅の目標の設定が求められています。

工務店向け集客ノウハウ
生命保険の口コミ.COM
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
お家の見直ししま専科
健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
超SEO対策
SEOアクセスアップ相互リンク集
内職 アルバイト
貯蓄